男女

電話会議を上手く活用したコスト削減|システムで業務の効率化

下水道の図を効率よく作成

パソコンを使う男性

下水道申請図を作成する方法としては専用のCADソフトを使う場合が多いです。下水道申請図をCADソフトで作成、平面図から横断図や立面図を自動で生成することできます。その他にも各市町村の使った材料の集計作業や指示に従った表記、申請書類データの作成など様々なことが可能です。同一の操作方法でも、複数の市町村の申請業務を対応できるので非常に便利だといえるでしょう。下水道申請図を作成する手順としてはまず平面図を作成していきます。この工程でもCADソフトを利用するのですが、このソフトは本格的なものでありながらお絵かきソフトのような快適性も備えており、これまでのソフトに無い操作性を実現しています。スキャナーの機能もあるので、パソコン上で0の状態から下水道申請図を作るのが苦手な人は、おおまかな部分は手書きで行ないその後にスキャナーを使って読み込むと良いでしょう。読み込んだ画像の縮尺調整や角度調整も容易です。ボタン1つでできるので非常におすすめです。複雑な下水道申請図でもトレースできるのが特徴的です。
平面図が完成すれば自動で立面図が作成されることになります。全体を見た後にバランスを考えて比率の調整ができるので高品質な配置を行なうことができるでしょう。立面図が完成すれば次は横断面図です。込み入った部分でも複数の横断面図に分けることで、後から合成させることができるので作業効率を大幅に上げることができます。上記3つの工程が完了すれば、必要な材料の集計を取った後に申請書類が完成となります。